同じ心理相談に関する分野の臨床心理士と、心理カウンセラー。

この2つの違いは、まずは資格面での差。

「臨床心理士」はしっかりとそういう名称の資格があり、
それを持っていなければ、臨床心理士は名乗れません。

反面、心理カウンセラーは、受けてきたカリキュラムや、
実力の度合いを示すための資格はあっても、
何の資格が無くても、何のカリキュラムも受けていなくても、名乗ることが出来る職業です。

また「臨床心理士」は心理カウンセラーとしても、有利な資格なので、取っている場合が多くあります。
臨床心理士は国家資格ではありませんが、知識やお金もかなり必要なので、信頼性の高い資格だからです。
(近年、心理カウンセラーのためにも、
この臨床心理士に近い”プロフェッショナル心理カウンセラー”という資格が生まれてはいますが、
まだ日が浅いので、認知度されるのはまだ先かな、という感じがします)

次に仕事内容(役割)部分の差ですけど、心理カウンセラーが行うのは、
「カウンセリング」と「心理療法」です。

それが臨床心理士の場合は、
カウンセリングは基本的には受け持ちの外で、
「心理療法」と「アセスメント」という、心理状態を把握する為の各種心理検査を行います。
さまざまなテストを通じて、知能や性格、または心理状態を把握するのです。

イメージとしては、心理カウンセラーのほうが症状が軽い方相手、
普通にストレスや悩みを抱えて苦しんでいる人のお手伝い。
基本は聴くことで、相談相手の範囲。

臨床心理士になると、もっと本格的になって心理療法だけではなく、
原因をあれこれ探り、分析をし、知能検査などもする。

ちなみにもっと症状が進んだり、知能に問題があるとなると、
精神科医による治療(医療)行為に進むことになります。

ちなみに精神科医、臨床心理士、心理カウンセラーは、
それぞれ必要とされるスキルが違いますので、
別に臨床心理士や心理カウンセラーが、精神科医の下位互換というわけではありません。
あくまで役割の分担になります。

PR:心理カウンセラーになるために必要なことが学べる通信講座