NLPの代表システムとは簡単に言うと、

「物事を認識するときに、どの感覚を一番優位に使っているか」

です。

人は「視覚」「聴覚」「体感覚(嗅覚、触覚、味覚)」の3つで捉えているといわれています。
そして利き手があるように、聴覚を中心に認識する人もいれば、視覚を中心に認識する人もいます。
つまり上述した3種類の中で、一番優位に使っている感覚がその人の代表システムです。
(視覚(Visual)聴覚(Auditory)身体感覚(Kinesthetic)から、VAKタイプとも言われる。)

ちなみに以下のサイトなどで無料診断できますので、
試してみるのも良いでしょう。

⇒NLP 脳タイプ診断 表象体系 基本 VAKモデル

この代表システムは、実はコミュニケーションにも影響を及ぼしています。
例えば、相手が視覚タイプなのであれば、
何か込み入った話をしたり、新しい提案をするときは、
視覚的に分かりやすい資料を用意して挑むと、理解を得られやすいです。
しかし聴覚タイプの人が相手であれば、適切な抑揚をつけて、しっかりと声と言葉で伝えるほうがが理解されやすいでしょう。

基本的に人は、同じ代表システムを持っている同士のほうが居心地良く感じます。
なので相手の代表システムを知り、それに合わせたコミュニケーションを取るのが有効だといえるでしょう。

上記にNLPのタイプ診断のURLを載せましたが、
身近な人にやってもらうのはなかなか難しいこともあるでしょう。

一応、簡易な判断方法として、目線の動きが

「よく上を向いている=視覚タイプの可能性大」

「よく横を向いている=聴覚タイプの可能性大」

「よく下を向いている=体感覚タイプの可能性大」

というものや、
普段選ぶ表現(全体像が見えた、なら視覚タイプの可能性UPなど)から推測する方法もあるので、参考にしてみて下さい。

⇒NLPが学べる新宿のスクール