2012年より受験が始まり注目されているプロフェッショナル心理カウンセラーの、受験資格は以下の通りになります。

試験を受けるためには、全心連認定教育機関に於いて必要な履修プログラムを終了して推薦を受ける必要があります。
「上級」はトータル1280時間、「一般」は242時間の履修プログラムが用意されており、全心連認定教育機関で受講することが必要です。

こちらから無料で資料請求ができる全心連認定教育機関への、良かったら参考にされてみて下さい。

また、既に社会人として活躍をされている場合は、
社会経験一覧を持って、全心連認定教育機関に相談してみるのも良いでしょう。
人と関わった社会経験(管理職、教職、介護看護関連等)が実習研修の一部として認められるケースもあるからです。

上級は受験資格の敷居が高めですが、
その分、現存する心理カウンセラーの資格としての信頼度は最高レベルでしょう。

本気で心理カウンセラーとして働きたいのであれば、取る価値の高い資格です。