産業カウンセラーの受験資格は、以下の通りになっています。

4年制大学学部及び大学院研究科において
心理学又は心理学隣接諸科学、人間科学、人間関係学のいずれかの名称を冠する学部又は専攻(課程)の卒業者であり、
次号に定めるA群からG群までの科目において、1科目を2単位以内として10科目以上、
20単位以上を取得しており、かつ協会が行う産業カウンセリングの技能を習得するための講座を修了した者。
(D群からG 群の科目による取得単位は6単位以内。)

A群:産業カウンセリング、カウンセリング、臨床心理学、心理療法各論(精神分析・行動療法など)の科目群

B群:カウンセリング演習カウンセリング実習などの科目群

C群:人格心理学、心理アセスメント法などの科目群

D群:キャリア・カウンセリング、キャリア概論などの科目群

E群:産業心理学、産業・組織心理学、グループダイナミックス、人間関係論などの科目群

F群:労働法令の科目群

G群:精神医学、精神保健、精神衛生、心身医学、ストレス学、職場のメンタルヘルスなどの科目群

ある程度厳しい条件ではありますが、
それゆえに信頼性が高い資格でもあります。

通信大学でも受験資格を満たせますので、
興味がある方はこちらを参照してみて下さい。