色が与える心理や行動への影響…
なんとなく聞いたことがある人も多いと思います。

実際に色は、

・心理的な影響(青を基調とした空間にいると時間が経つのが遅く感じるなど)

・生理的な影響(赤い色は交感神経に刺激を与え体温•血圧•脈を上げる効果があるなど)

・感情的な影響(黄色を見ると気持ちが明るくなるなど)

・文化・芸術的な影響(西洋では黒が死のイメージ、東洋では白が死のイメージというふうに文化によって異なり、芸術的作品にも影響を与える)

というふうに私たちに多大な影響を与えています。

色について精通することで、日々の仕事や生活を今までよりも、より良いものにしていくことも出来るでしょう。

■それぞれの色に関する紹介
黄色オレンジ

(クリックでその色に関する、心理的効果や意味が読めます)

PR:色に関する通信講座