最近聞く、非定型うつや新型うつという言葉。
この2つは同じものなのでしょうか?
違うものなのでしょうか?

少なくとも私の場合は、正式名称が「非定型うつ病」、
マスコミなどを含む一部の人が呼んでいる別称が「新型うつ病」で、
新型うつ病という病気は、正式には無いというふうに学びました。

ただ最近インターネット上で別なものとして扱われている感もあるので、
あれこれ調べてみると、こんな記事が見つかりました。

とても興味深い内容でしたので、
大変勝手ながら、一部抜粋をさせていただくと、

「新型うつ病」というのは医学的には何の根拠も無い概念です。
簡単に言えば、香山リカさんが勝手に作り出した「新種の病気」に過ぎないわけです。

しかしネット上では、この「新種の病気」が一人歩きして、あたかも本当にそのような病気があるかのように広まってしまっています。

とのこと。
更にウィキペディアからも抜粋させていただくと、

マスメディアなどで上記の非定型うつ病とほぼ同義に扱われているが、専門用語ではなく、精神医学的に厳密な定義はない。

だ、そうです。

なので、やっぱり精神学では、新型うつ病というのはそもそも認められていない。
ただ一部の作家やマスコミなど、
「非定型うつの別称として、もしくは近い症状を指して、新型うつと勝手に呼んでいる人たちがいる」
というだけです。

つまり正式に認められている名称と、定義すら曖昧な俗語。

ということになるので、
似たような意味で使われど、立ち位置はだいぶ違いますね。

ただまあ、言葉の使われ方というのは変化しますので、
そのうちに「新型うつ」に関して、定義が出来る日も来るかも知れませんね。

PR:心理学について学べる・プロも目指せる通信講座