心理カウンセラーというとクライエントから、
カウンセリングルームなどに来談してもらい、そして悩みを聞く…という形が基本ではあります。

しかし電話でのカウンセリングはもちろん、スカイプやメールなどを利用したカウンセリングも近頃は普及してきています。
特にスカイプは通話料がかかりませんので、
遠方の方でもカウンセリング料だけで相談できるため、需要があるようです。

また宣伝方法もネットが普及してきている現在は、
ホームページやフェイスブックなどを使って宣伝、ブログ、メルマガなども駆使して、
信頼関係を作って行くことも出来ます。

アプローチする方法、カウンセリングする方法を広げるのも、
独立している人にとっては、重要な課題ではないでしょうか。