日本ではアロマオイルって「雑貨」として扱われていますよね。
でもイギリスやフランスでは「民間医薬」として認識されています。

それくらいに香りが人にもたらす効果というのは、侮れません。
主に精神に作用をもたらすものが多いですが、
そもそも「匂いを感じる」というのは、体側の反応ですし、
心と体は繋がっています。

なので気持ちが落ち込んでいるときや、
何となく体調が悪いときにはそれに対応した香りのアロマオイルを焚くのも良いでしょう。

本格的に活用したいのでしたら、こういう通信講座もあります。

また逆に気軽に香りを楽しみたい場合は、
アロマオイルを焚くよりも手軽なポプリや入浴剤などを利用するのもお奨めです。