なんだか不思議な響きがする「微笑みうつ病」という心の病気。
実は近年増えてきており、それもサラリーマンに多いのだそうです。

この微笑みうつ病の特徴は、午前中はぼんやりとしており、集中力がありません。
しかし午後になると、反対に仕事を頑張り、笑顔でニコニコとかなり愛想が良く振る舞い始めます。
更に元気なふうにも装うので、
「単に朝に弱い人なのかな?」とも周囲には思われ勝ちです。

しかし実際は辛くなり、うつ症状が出ているのを必死で周囲に隠そうとしている…
そういう状況なのです。

微笑みうつ病というのは、つまり”無理している状態”ですから、
ある日突然いなくなったり、自殺をしたりというケースもあります。

前述した午前中集中できないことの他に、不眠症の症状が現れたり、
食欲がなくなったり、朝起きられなくなったりという前触れが現れるケースもあります。

無理をして笑顔を作る様子からも分かるとは思いますが、
人に迷惑を掛けたくない人、真面目すぎる人などは特に陥りやすいです。

早めに専門家に相談するなどの対処が必要です。

PR:心理学が学べる通信講座